34

こういう夜に あの詩を読みたくなる

 

生きてても無駄だと思える

広告を非表示にする